Q1:人身売買とは、具体的にどんなことをいうのでしょうか?

  • アウトライン

    人身売買とは「人」の売り買いです。西欧では分かっているだけでも、古代エジプト時代から人の売り買いが行われていました。お金が生み出される前は、戦いに勝った国が負けた国の人間を奴隷として取引していたという歴史もありました。黒人奴隷も人身売買にあたります。日本では日本書紀という1700年前に書かれた書物にも、人身売買についての記述があります。

    第2次大戦以降ようやく人身売買に取り組むために、国連等が中心となってさまざまな条約をつくり、人身売買を根絶するために取り組んできました。しかし、近年では被害者も女性を中心に、子どもにまで及びます。もちろん男性が人身売買されることも珍しくありません。世界では年間270万人12秒に1人が人身売買されていると言われています(国連薬物犯罪事務所 2009年)。

    2000年、国連では、人身売買のような国境を越えて起こる犯罪をなくすための条約がつくられ、特に人身売買をなくすために「人身売買禁止議定書」という国際ルールが定められました。そこでは人身売買を以下のように定義しています。そして加害者を処罰し、被害者を支援して人身売買が起こらないような社会づくりのために、世界全体で取り組むことを目標として掲げています。

  • 人身売買とは

    人を搾取するために、暴力や脅迫、誘拐、詐欺やごまかし、権力のらん用、弱い立場を悪用するなどのあらゆる手段によって、人を場所から場所へ移動させ、場合によっては隠し、監禁するなどして人を取引して、利益を得ることです。(国際組織犯罪防止条約 人身売買禁止議定書より)

    この人の売買によって、暴力団や犯罪組織は資金を稼ぎます。あるいは雇い主は弱い立場の労働者を安い賃金で働かせることで、安く商品をつくることができます。私たちの身の回りに人を搾取して成り立っているものはたくさんあります。

    "Kay Chernush for the U.S. State Department."

  • 事例:ミーチャのケース

    1988年のある日、タイとビルマの国境にある山間の村から売られた少女がいました。名前はミーチャ。幼い妹や弟のために、亡くなった母に代わって子守りや家事をこなしてきた彼女は、当時12歳。日本では小学校6年生の歳にあたります。父からの「家族のために」というお願いもあって、また、子守りの仕事と聞いていたので、自分が働いて家族が楽になるならと、彼女は北タイの大都市・チェンマイを目指しました。

    しばらくお金持ちの家で子守りをさせられ、その後、毎日買春宿で10人以上の客の相手をさせられました。中には日本人もいました。来る日も来る日、もミーチャは客をとらされました。客を満足させられなかったといっては殴られ、コンドームも付けてもらえず、性交を強要されました。逃げようとすれば、見つかり、罰としておそろしい暴力にさらされました。食事も十分に与えられず、洞窟のような場所でずっと監禁されていたのです。

    こうした地獄のような日々から現地NGOと警察の救出で、ようやく逃げ出せたときには、ミーチャエイズを発症していました。42キロあった体は27キロにまでやせ細り、こころも体もボロボロでした。救出されてからはNGOのシェルター(安全で安心できる避難施設)で、絵を描いたり、お世話をしてくれるスタッフと話したり、安らかな時間を過ごせました。しかし、1996年の12月に亡くなりました。20歳になる直前でした。

    (大久保真紀 『無垢の叫び~買われる子どもたち』 明石書店より)

    新聞記事を読む

より詳細の背景が知りたい方へ

book

買われる子どもたち~無垢の叫びタイ、フィリピンでの児童買春の実態、逮捕された日本人へのインタビュー、児童買春根絶へむけた国内外の取り組み、そして国際会議のレポート。朝日新聞の連載を単行本化。

著者
:大久保 真紀
価格
:¥1,600
出版社
:明石書店
URL
書籍詳細

book

グローバル経済と現代奴隷制現代社会で安価な商品が生まれる背景には、2700万人に及ぶといわれる奴隷の存在がある。売春婦・レンガ工・炭焼き人夫・農夫として最底辺に生きる人たちの実態を克明に調査した社会学者の渾身のレポート。

著者
:ケビン・ベイルズ
訳者
:大和田 英子
価格
:¥2,500
出版社
:凱風社
URL
書籍詳細

book

こどもの権利を買わないで プンとミーチャのものがたりこの絵本は、本人の意思に反して、だまされ、売られ、故郷をはなれて都会に連れていかれ、工場で強制的に働かされたり、売春宿で働かされたりして、人間の尊厳と健康をふみにじられてしまった少女たちの物語です。

:大久保 真紀
:森野 さかな
監修
:横田 洋三
英訳
:スネル 博子
価格
:¥1,600
出版社
:自由国民社
URL
書籍詳細

moive

DVD『闇の子供たち プレミアム・エディション 』タイ駐在の新聞記者が、闇ルートでの臓器売買に関する取材を始めると、金のために子供の命までもが容赦なく奪われる実態が明らかになってくる。やがて、突然姿を消した貧民街の少女が売春宿に売り飛ばされていることを知ったNGOのメンバーは、彼女を助け出そうとするが…。

出演
:江口 洋介,宮崎 あおい 他
監督
:阪本順治
価格
:¥4,935
ページトップへ

Powered By NPO法人てのひら・人身売買に立ち向かう会 〜人身売買を知らせ、人権をたいせつにする社会をつくるNGO〜

copyright 2011-2014 think-trafficking-project.